MEDICAL
予防歯科

桑名市の歯医者森の響デンタルは、一人ひとりに合わせた予防プログラムでお口の健康を守ります

あなたの健康な歯を
生涯守っていくためには

毎日しっかりと歯磨きをしているのに、虫歯や歯周病になってしまったことがあるという方も多いのではないでしょうか。どれだけ丁寧に歯磨きをしていてもご自宅のケアだけでは限界があります。
本当の意味で虫歯や歯周病を「予防」するには、歯科医院でお口の状態を検査し、虫歯や歯周病になってしまう原因を把握した上で、自分に合った予防プログラムに取り組み、定期的なクリーニングなどを受けて口腔状態を正常にコントロールすることが大切です。

*

FOR A HAPPY LIFE

歯を守るのは人生を守るということ

予防歯科に取り組む
6つのメリット

  • *
    再治療のリスクを下げる

    せっかく虫歯や歯周病を治療しても治療前と同じケアだけを行っていては再治療を繰り返し、結果歯を失う恐れが。予防歯科や定期メインテナンスにより、原因を検査し正しく対処することで、再治療を防ぐことができます。

  • *
    健康寿命を延伸

    虫歯や歯周病、そして歯を失うことは全身の健康にも影響を及ぼします。そして調査によると、自身の歯が20本以上ある人は0本の人に比べ、寿命が長いだけでなく、要介護でいる期間が短い=健康寿命も長いこともわかってきました。

  • *
    認知症の予防にも

    歯がないと咀嚼や会話が億劫になり、結果的に脳の衰えにつながることで認知症を発症するリスクが高くなります。よく噛んでよく話して、口を動かすことは脳の活性化と認知症予防に貢献し、ひいては生活の質を高められると言えます。

  • *
    いつまでも美味しく食事

    いくつになっても食は生活の基本です。失った歯を補うための入れ歯やインプラントでも噛むことはできますが、何の心配もなくしっかりと噛んで歯ごたえを感じ、きちんと「美味しい」と感じる食事は、天然の歯に勝るものはありません。

  • *
    生涯医療費が抑えられる

    重症化してから大がかりな治療を繰り返した場合の治療費と、定期検診での予防や早期治療にかかる治療費では、年間総医療費に大きな差が出ます。また全身疾患とも深く関わる虫歯や歯周病の予防は、医科の医療費軽減にも繋がります。

  • *
    イヤな口臭を予防

    口臭の原因の大半は口腔内の細菌と唾液の成分によるものと言われ、虫歯や歯周病で口腔内の衛生状態が悪いと口臭がひどくなります。お口の汚れを落とし、プラークコントロールを行うことで、ほとんどの口臭が予防できます。

シニア世代が健康に関して
後悔していること第1位は
「歯の定期検診を受ければよかった」
*

55~74歳の男女1000人に行った「人生の振り返り」に関するアンケートによると、多くの方が後悔していることは歯の健康管理を怠ったことだということが分かりました。
若いうちは特別な事情がない限り、歯を失うということがどこか他人事に感じられ、痛みや症状がない限り歯医者に行くことを避けている方が多いのではないでしょうか?
しかし、歯を失ってしまってからでは取り返しがつきません。年を取ってから後悔しても遅いのです。
人生100年時代を迎えた今、ずっと健康で幸せな人生を送るためにも歯の健康管理・定期メインテナンスは人生のマストアイテムと言えるでしょう。

お口の病気と全身疾患の関係

*

歯周病は単にお口の中だけでなく
全身の健康を脅かす恐ろしい病気
日本人の30〜40代の約80%以上は歯周病であると言われていますが、歯周病は単にお口の中だけの問題だと思ってはいませんか?
近年、歯周病菌の毒素が歯茎の血管から血流に乗って全身に回り、糖尿病や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、リウマチなどの全身疾患を引き起こしたり、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまう可能性があることがわかってきました。また、歯を失って噛む機能が低下すると認知症や抑うつを発症するリスクも高まります。歯を失う原因のトップである歯周病を放置することは、人生を健やかに過ごすことを放棄していると言っても過言ではありません。

歯科医院のかかり方と
残存歯数

*

痛いときだけ受診していた人は
歯を失うリスクが高くなります
痛みなどの症状が出たときだけ来院していた人が年齢を重ねるごとに自分の歯を少しずつ失っていくのに比べ、お口のクリーニングなどメインテナンスを目的とした定期検診で来院する人の方が、若い頃と変わらない歯の本数を維持することができています。
また表を見ると、歯磨きなどの「セルフケア」だけでは歯を守りきることができないことが分かります。
現在の日本では
防げるはずの虫歯や歯周病で
歯を失う人
が大多数

虫歯や歯周病には様々な治療法がありますが、そもそもそういった病気にならなければ治療をする必要はなく、歯を失うリスクを抱えることもありません。
虫歯や歯周病を防ぐためには、漫然とケアを行うのではなく、虫歯や歯周病について個々が抱えるリスクと原因を詳しく調べた上で、一人ひとりに合わせた予防プログラムを実施していくことが大切です。

*

歯を守るための2つのケア

*

予防歯科を効果的に行うには
2つのケアを取り入れることです
ご自宅でのセルフケアを丁寧に行うことと、歯科医院で受けていただくプロフェッショナルケアに通っていただくこと、この2つのケアに取り組んでいただくことで、予防の効果は大きく発揮されます。いつまでもご自身の歯で美味しく食事ができ、健康に過ごしていくためには、どちらか片方をしっかりやっているから大丈夫というわけではなく、それぞれ異なる役割がある2つのケアをしっかりと行うことが大切です。

歯科医院で行う
プロフェッショナルケア

  • *

    プロによるお口のクリーニング「PMTC」
    専用の器具を使用して磨き残しや着色汚れ、歯ブラシが届かないような小さな隙間の汚れをしっかりと除去する歯のクリーニングです。
    表面をツルツルに磨き上げた上でフッ化物を塗布するため歯垢がつきにくくなり、歯の本来の白さが戻ります。そのため定期的にPMTCを受けることで予防の効果が格段に上がります。美容院やエステに通うような感覚で、定期的に歯のメインテナンスのために歯科医院にお越しください。
    PMTCの流れ
    • *

      歯垢染め出し剤で
      汚れをチェック

    • *
    • *

      フッ化物入り
      ペーストを塗布

    • *
    • *

      歯間や歯面を
      クリーニング

    • *
    • *

      歯の表面をツルツルに仕上げ磨き

    • *
    • *

      フッ素塗布で
      歯質を強化

    • 精密検査
      レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯周ポケット検査など、各種検査により今のお口の状態を正確に把握。
      *
    • 予防計画立案・管理
      各種検査をもとに、一人ひとりに適した予防プログラムをご提案し、継続管理していきます。
      *
    • セルフケア指導
      お口に合わせた最適な歯ブラシやケアグッズの選び方、効果的なブラッシング方法をご案内します。
      *
    • スケーリング
      毎日の歯磨きでは落としきれず蓄積してしまった歯石を、専門の器具を使って徹底除去します。
      *

ご自宅で行うセルフケア
(ホームケア)

  • *

    指導内容に沿った正しい歯みがき
    予防の基本となる毎日の歯磨きは、正しく行えてこそ効果を発揮します。自分ではしっかりと磨いているつもりでも、無意識の癖で磨き方に偏りが生じたり、しっかり磨こうと意識するあまり力を入れすぎて磨くことで歯や歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。
    桑名市の歯医者 森の響デンタルでは、一人ひとりに合った歯ブラシの選び方や歯磨きの方法をご提案し、毎日のセルフケアをサポートいたします。
    サポートグッズも併用
    しましょう
    *

    歯質強化や虫歯の発生・進行を防ぐフッ素配合の歯磨き剤や、歯磨きだけでは落としきれない汚れをしっかりと除去するための歯間ブラシ・フロスなど、セルフケアのサポートグッズも様々にご用意しております。詳しくは受付までお尋ねください。

定期的なプロケアと毎日の正しいセルフケアを行うことが、
効果的な予防につながります。
  • NEWS
  • BLOG
  • SEMINAR
  • RECRUITMENT
ページの先頭へ戻る